FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロクラナン







クラブ…








みんなでワイワイ騒ぐ場所…




みんなでワイワイナンパする場所…




1人で入るのはちょっと…






















某日、










僕は某箱に1人で入場していた。








ソロクラナン。









確かにクラブは複数人で入った方が楽しいし、女の子もまず2人以上で来ているので、ナンパするにも複数人の方がやり易いのは確か。









しかし、僕はストをするのも完ソロが自由に動けて好きだし、クラブナンパも同じく自由に動けるのでソロクラナンが好きだ。









コンビはコンビで楽しくて好きだけど…




























この日の箱も相変わらず人が多い。








ロッカー前付近の和みスポットで3人の男に絡まれている巨乳の女の子を発見。








おっぱいを揉まれたり、無理やりキスされたりで、笑ってはいるけれど、かなり嫌そう…









アモッグするつもりも無かったけど、近くを通ったら僕に擦り寄ってきた。









僕「大丈夫?」







巨乳子「あいつらホンマ気持ち悪い…」







僕「こっちおいで」







結果的に変態男3人から守ったカタチになり、食いつきが上がる。









そして、少し離れた場所から巨乳子の友達が近寄ってくる。こちらは清楚系…













清楚子「この子、お兄さんの事好きやで…」







確かに巨乳子のボディタッチが凄い。







顔を見るとほぼ仕上がっていた。








しかし正直、僕のタイプでは無い。








僕「また後で会おう!」









放流。











女性はいくらでもいる。



そう思い、2階のフロアへ。











しばらくすると、











「あれ!お兄さん!!」










さっきの巨乳子の友達の清楚子だ。









僕「友達は?」









清楚子「下で変な男に捕まってる」







清楚子「てか、何で巨乳子お持ち帰りせんかったん?」










僕「実は俺、清楚子の方がタイプやから…」








ここでじっくり和み、巨乳子に見つからないように清楚子から番ゲ。









清楚子「見つかったらヤバい…笑」










番ゲして、すぐに巨乳子登場。










巨乳子と和む。










すると清楚子は1人レディースシートへ…










巨乳子とある程度和んだところで清楚子も一緒に喋ろうと連れてくる。











すると清楚子が巨乳子に聞こえないように僕の耳元でささやく。













清楚子「巨乳子の事好きなん?」










僕「いやいや、話掛けられたら無視するのも失礼やろ」











清楚子「うん…」














あきらかに清楚子が嫉妬をしている。












これは狙い通り。












その後も巨乳子と楽しく喋りながら、巨乳子にはわからないように清楚子と手を繋いでいた。












そうこうしてると1人の男が僕ら3人の目の前を横切る。












巨乳子「あの男や!ずっとつきまとってくるねん!」








清楚子「ホンマ気持ち悪い」








清楚子「どうしよう」












そこで3人で箱を出ることを提案。











了承される。
















箱を出て逆3状態でタクシーに乗り、次の箱に向かう。













そして3人で箱イン。
















しばらく3人で喋ったり踊ったりしていたが、僕が巨乳子と楽しそうに喋っているときの清楚子の嫉妬があからさまに凄い。













そこで、頃合いを見て清楚子と2人っきりに…












清楚子「ずっと、2人っきりになりたかってん…」















完全に仕上がっている。















しかし、僕はクラブに女の子1人を置いて帰るのは好きでは無い。












何か、女の子がクラブで1人ぼっちっていうのは、すごくかわいそうだし、何より危険だ。











だからコンビでナンパするときも基本的に3人組の女の子は狙わない。















僕「とりあえず、巨乳子の相手を探そう」











清楚子「うん!わかった!」











そして、程なくして巨乳子と仲良く喋る女の子を見つける。













僕「巨乳子、大丈夫そうやね」













清楚子「うん!よかった!」














僕「さぁ、2人で出よう」














清楚子「うん!」













巨乳子にはわからないように2人で手を繋いで箱を出る。
















タクシーに乗り、ラブホin…








































しっかり抱きしめ合って、キス…
















清楚子「ずっとこうしたかってん…」

















清楚子の服を丁寧に脱がしていく…

















裸にすると、素晴らしい裸体が…

















スタイル抜群で、巨乳…


















箱内では、手しか触れていなかったからわからなかったが、この子も巨乳だった。隠れ巨乳の細巨乳…





















お互い、生まれたままの姿で抱きしめ合う…























清楚子「抱かれただけでイッちゃいそう…」
























感度がめちゃくちゃいい…























まだ大学生の若い肌を堪能する…
























清楚子「ダメー…すぐイッちゃう…」





















カラダをビクンビクンさせてイク彼女…



















本当に美しい…























そして、2人はひとつに…


























清楚子「あぁ~…ダメー!もうダメー!!」






















清楚子「またイッちゃうぅ~!!」






















即。


















行為後、ゆっくりまったりして、駅まで送って、笑顔で解散…






























今回は非常にスムーズに進んだ。








「嫉妬」というエネルギーは、やはり凄い物があった。











ただひとつ反省点として…









逆3Pを狙えたんじゃないかという事。










そこは、今後の反省点。

















僕は、更に上を目指していく。
スポンサーサイト

コメント

さすが!
また一緒にも行ってくださいね!

Re: マィケンさん

コメントありがとう!

ホンマやな!またコンビやろ!

あとラーメンも行こうね!笑

イケメンチートはセコいっすw

箱で擦り寄られたことなんてありません(´・з・)

さすがです\(^o^)/

Re: えびぞー兄さん

コメントありがとうございます!

いやいや、えび兄イケメンですやん!笑

えびフェロモン、ビンビンに出てます!!笑

ソロクラで女の子から擦り寄られたことないブサですが、正直これは裏山けしからんですね!
今度は逆3記事を楽しみにしています。

Re: 北島さん

いやいや…笑
たまたまうまく刺さっただけです!!

確かにけしからんことしてますね!笑

逆3P記事!おもしろいものが書けるように精進します!!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。