FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間の存在











僕は結構、1人で行動することが好きなタイプ。

ただ元々、団体のスポーツをやっていたこともあり、仲間と1つのことを、やり遂げることも好き。






ナンパクラスタに入って、1年と3カ月が経過した。

いろいろなナンパ師と合流した。

もちろん、人間なので、気の合う人もいれば、合わない人もいる。






セックス講習というのも、させて頂いているので、そこでは、クラスタ以外の方とも、出会うことが多くなった。

これは、本当に自分の中では意外なことだった。

皆さんにほぼ共通するのは、この僕のブログを通じて、僕の存在を知り、セックス講習という存在を知り、僕に会ってみたくなったということ。






何気なく始めたエロナンパブログだけど、こういうところからも、人と人との繋がりが生まれる。

そう考えると本当に人生、おもしろいなぁと思う。






僕は基本「去る者追わず、来る者拒まず」の精神で人と接するようにしている。






僕の講習生の1人に、蒼紫という男がいる。

彼は僕の講習を受けるまでは、ナンパ経験もなかった。

だけど、僕のブログを通じて、この世界を知り、最近では僕と一緒にナンパをするようになり、既に準々即も決めている。






そして、最近、活動を共にすることが多い男の1人に、ズラタンという男がいる。

彼も僕の講習生で、以前も少しナンパをしていたが、最近から本格的にナンパを始めた1人。

とても爽やかで、好感が持てるタイプ。
そんなズラタンと街に出たある日の出来事。
























某日。











いつもの通り、深夜まで激務をこなし、終電でMへ。






この日はズラタンと箱に行く約束をしていた。

まだ「貝殻箱に行ったことが無い」と、ズラタンが言っていたので貝殻箱に行くことに。







Mのアーケードで待ち合わせをして、取り敢えず軽く飲もうということで、騎士箱前にあるコンビニに向かう。






すると見覚えのある男が3人。

びっくりした顔でこちらを見ている。






「うわぁ!ネイビーさん!」






なごみん、ソクラテス君、ねるそん君。






3人とも結構久しぶり。

やはり共通の趣味を持った仲間。

すぐに和み、話しが盛り上がる。







そして、彼らもこれから貝殻に行くということだったので5人で向かうことに。







本当はこの日、時間が合えばマィケンとも合流をする予定だったが、マィケンとの合流は叶わなかった。

ただ、マィケンが貝殻のゲストを取ってくれていた。






マィケンとの出会いは、ちょうど1年前。

初めは、まだお互いクラスタのことなど、何にも知らなくて、一緒にラーメン食べて、これからのクラスタライフについて無邪気に喋ったりした。

今では、関西クラスタ内では、知らない人はいないくらい有名になったマィケン。

もうナンパは引退したが、本当にいい男。

ナンパなんかしなくても、充分モテる男。

僕にとって、彼は特別な存在だ。






















貝殻到着。




最近すごくクラスタ内でも人気のある貝殻箱。




列に並び貝殻イン。









中に入るとソル君とtakkyさんがいた。

取り敢えず7人で乾杯。

この瞬間が本当に僕は好き。

乾杯が終わると、さすが皆ナンパ師、颯爽とそれぞれナンパに向かう。











僕はズラタンと一緒に軽くサージングと認識作業。







ここで1人の女性と目が合う。

結構がっつり踊っていたので軽く声だけ掛けてすぐ放流。









この日はズラタンとコンビコミットというよりも、お互い即コミットと決めていた。



流動的に動きながら、コンビでいけそうな時はコンビで、ソロの方がいい時はソロで。



そして、気がつくと、いつものようにソロになっていた。













そんなとき、最初に目が合った女性とまた目が合う。

最初の時点で認識は出来ているので、どちらともなく自然に和んでいく。









30代前半/アパレル勤務









女友達と2人で来ているが、友達とは、はぐれたとのこと。

クラブあるある。











食い付きは感じる。

ただ、ものすごく自己主張が強い。

そして、暴力的ですぐ僕の身体を殴ってくる。

だけど、手を繫いで甘えてくる。

そんな感じの彼女。









喜怒哀楽が激しく、感情で動くタイプ。

気が強いが、可愛げもあり憎めないタイプ。













さぁどうしようか?





そう思いながら和んでいた矢先、彼女の方から唐突に…








「外に出よう!」

「そやな…」










逆連れ出し。










ただこのパターンの場合、主導権は彼女にあるので、ここからが勝負。










案の定、彼女の方から




「この近くに行きつけのバーがあるんだ!」
「そこで友達を待とう!」









まぁ、予想通りの展開。











僕「俺の行きつけの店で待とう」

女「それなら行かない。ここでバイバイだね!」

僕「そか、いいよ!」











さぁどうだ…









































彼女は僕から離れようとはしない…
































「言葉では無く、行動を見る。」
ナンパ師の鉄則。



































ここで形勢が逆転。









































僕「さぁ行くよ」































女「うん…」









































タクシーに乗り自宅へ…






































部屋に入ると、真っ直ぐにベッドへ…



































優しくキスをすると吐息が漏れる…





































女「あぁ~ん…」





































丁寧に全身を愛撫し、局部に触れると既にビチョビチョ…






































女「早く入れて…」

































僕「まだダメ…」
































女「イジワル…」





































少し焦らしつつ局部を指で責める…








































女「あぁ~ん!ダメ!すぐイッちゃう!!…」

































身体を反らせ、ビクンビクンと痙攣しながらイク彼女…











































女「お願い…早く欲しい……」








































僕「そんなに欲しいの?…」





























女「お願い……」




































最初の強気な彼女は何処へやら…






































とても甘えん坊で、エッチな「メス」になっていた…



















































正常位でイン……




































女「あぁ~!…カタイ!…すごい!!……」



































僕「カタイの好き?…」





































女「うん!…大好き!!……」





































正常位で小刻みに腰を振る…













































女「あぁ~!…ヤバい!!…イッちゃう!!……」




































激しく痙攣をしながら絶頂に達する……









































少し彼女が疲れている感じがしたので、この日は正常位一本勝負……

































正常位だけでも充分に満足のいくセックスはできる……







































女「ヤバい!…あぁ~ん!…もうダメ!!……」
































僕「ダメ?…じゃあ、やめる?……」































女「やめちゃダメぇ~!…あぁ~ん!!…」



































何度も何度もイク彼女……







































お互いを強く抱き締め合いながらフィニッシュへ……















































女「あぁ~!!…もうダメ!!…あぁ~!!!……」


















































即。






































行為後…































女「ヤバいわ!笑」


































女「クセになっちゃう!!笑笑」




















































仲間の存在…




僕は元々、いわゆる野生としてナンパをしてきて、クラスタにも全く興味も無かったけど、何となく「共通の趣味の仲間ができたらいいなぁ」くらいの軽い気持ちでクラスタ入りし、ここまでナンパを続けてきた。



そして、実際ナンパ仲間がたくさんできて感じることは、やはり凄く刺激になるということ。

そこまで僕は、競うつもりも無いけれど、仲間のナンパ師の活躍は凄く刺激になる。



そして、ナンパに関する情報が、たくさん入ってくるということ。

ナンパの知識は、クラスタに入ることで膨大に増える。



そして何より、ナンパ仲間ができることは、楽しいということだ。




よく先輩のクラスタの方々が、「ナンパしてるより、ナンパ仲間と喋ってる方が楽しい!」と言う話しを耳にして「本当かな?」と思っていたけれど、最近になってその気持ちが凄くわかるようになってきた。




本当に仲間とゲラゲラ、時には本気で喋る時間は本当に楽しい。





















一方で、先日、とても悲しい事件があった。

ご存知の方も多いとは思うが、ナンパ師2人が逮捕されたという、あの事件。




実はあの2人の内の1人は、僕と一緒に2人で宅飲みをするほど、親しくさせて頂いている方だった。




ニュースを見た時は、本当に信じられなかったし、悲しい気持ちになった。




とにかく、今、この事件に関して思うことは、被害者の女性の心の傷が癒えること。




そして、逮捕はされたが、今でも僕は彼のことを仲間だと思っているので、これから大変だとは思うが、しっかりと彼が社会復帰し、また社会で活躍ができるようにと、心から願っている。




きっと彼ならできる。




「仲間の存在」は、本当に大きい。















































朝方、ズラタンから即報が入る。

ズラタン、おめでとう。






























少し寝て、もう1回セックスして、帰りのタクシーまで彼女を送る…









































帰り道は、いつも、とても清々しく、そして、どことなく寂しい……











































女「楽しかった!本当にありがとう!!」


僕「俺も!!ありがとね!!」




































朝の光に照らされながら、また日常へと戻っていった……












スポンサーサイト

コメント

正常位一本勝負!!
カッコいいです!
迷いも曇りもないw

あの日の喘ぎ声はやっぱりネイビーさんのパレスからやったんですね。笑
うるさくて目が覚めました!笑

Re: マサルさん

いろいろな体位でヤるのも楽しいですけど、正常位一本勝負は、結構好きです!笑

Re: ステフォンさん

快適な睡眠を奪ってゴメンね!笑

今度からは、ちゃんと窓を閉めてヤるね!笑笑

箱前での色んなお話ありがとうございました!
特に、正常位一本勝負てところにかっこよさを感じました!!濡れました

Re: ソクラテスさん

「濡れました」は、最高の褒め言葉!笑

また、飲みに行っていろいろ喋ろうね!!

どうも、イケてる男マィケンです!
相変わらずのエロブログ!
マィケンのマィケンがマィケ…笑

Re: マィケンさん

ナンパ引退してからも、クラスタ内で存在感を発揮するあたり、さすがマィケンやと思うわ!

また、みんなで集まって飲もうね!!

兄貴

即、おめでとうございます!
相変わらず素敵です!

こちらはナンパした子を友達に分け与えたり、女の子に出会いの機会を提供したりと自分以外のためにナンパしている状態です。笑😂

出会えた女性に何か残せる様な魅力的な男になるために、お互い頑張りましょう!

7月にそっち行くことになりそうなので、またお会いさせてください^ ^

Re: パシフィコさん

さすが弟!

独創的な活動してるね!

7月おけ!
また、日程決まったらLINEして!!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。