FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティスト準即













この世界は「陰」の世界、そして「陽」の世界がある。

一見、どちらの世界の住人かわからなくても、話しているうちに、どちらの住人かが徐々にわかってくる……






































某日







この日も深夜まで仕事。

仕事があるのはありがたいこと。

そう自分に言い聞かせる。




翌日は遅出ということもあり、一旦帰宅し、シャワーを軽く浴びてから街に出る。




AM2:00 Mイン




もう最近は、この時間帯の活動が完全にメインになってきた。

ストにするか、箱にするか少し迷ったが、この日は箱を選択。




貝殻箱イン




この箱は、いわゆる「野生時代」から通う大好きな箱。

ただ、この日はイベントをやっていて、そのアーティストのファンが多かったので、何かいつもの貝殻とは空気が違った。

まぁ箱には、そういう日もある。

いつも通りの流れでサージングし、声を掛けていく。

ただ、やはりイベントのときは、だいたい反応は良くない。

そんななか、1人の女性とは、すごく良い雰囲気で和んだ。

この日のアーティストの知り合いというこの女性。

女友達数人でイベント目的で来ているということで軽く番ゲして放流。




やはりこの日は、いつもの貝殻とは違う。




翌日の仕事のことも考えて、早めに帰宅を選択した。



























僕は、ほとんど準即は狙わないが、珍しくこの女性とはLINEを続けた。


特にどうこうというのは無いが本当に何となく…


そして、何となくアポの日が決まる。



























お互い仕事が深夜までということで、深夜0時からのアポ。


駅の改札で待ち合わせて、とりあえず行きつけのバーに向かう。


まずは、乾杯してお互いの近況報告。


箱の中でも、雰囲気は良かったがそこまで深く和めてなかったので、逆に新鮮で楽しい。


1軒目では、楽しい雰囲気だけ作って、すぐに2軒目に向かうことにした。











2軒目イン










ここもよく使うバー。

マスターも顔馴染みだ。


まずは軽く乾杯。


ここでは、より深くこの女性の内面に触れるイメージでトークを進めていく。









女「私、歌を歌ってるの…」

僕「仕事で?」

女「うん…」









20代前半。

全国のライブハウス等で活動し、作詞作曲も自分で手掛けるプロのアーティスト。





ただ基本的に僕は職業というフィルター越しに人を見ないように割と昔から心掛けている。


若い頃から、仕事の関係で、いろいろな方と関わってきたが、皆喋ったら普通の人間。

ハダカになれば、普通の人間……










僕「へー…そうなんだ……」










アーティストということは適当に流し、彼女の学生時代の話しに持っていく。










高校時代は部活に打ち込み、全国上位常連の超有名高校の主将。


ただ、その後は何となく大学に入ったが、何となく通うキャンパスライフに物足りなさを感じ、嫌気がさして大学中退……


そして、昔から夢だった音楽の世界に飛び込んだとのこと……












一通り彼女の話しを聞いたとき…











僕は、すごく懐かしい気持ちになった……











実は僕も、中学高校時代は、あるスポーツに真剣に打ち込み、本気でプロを目指していた。


だけど、ケガで夢を断念…


その後、何となくスポーツの専門学校には通ったが、物足りなさを感じ、嫌気がさして中退……
































本音で彼女とお互いの気持ちをさらけ出し、お互いの感情が揺さ振られたとき……
























もう、そこにはルーティーンも何も必要なかった……




































2軒目のバーをあとにして、ノーグダで自宅にイン……







































もう言葉など何もいらない……



































ソファに座り、お互いを見つめ合って濃厚なキス…
































女「あんっ!……」
































キスだけで喘ぎ声が漏れる…































ゆっくりと丁寧に愛撫をしながら服を脱がしていく…



































下着だけの姿にして、ソファの上に脚を開かせて座らせる…


































20代前半特有のグラマラスでハリのあるカラダ……
































女「いやん…ダメ…恥ずかしい……」


































僕「じゃあ…やめる?……」



































女「…ダメ……舐めて欲しい……」




































ふくらはぎから内ももにかけて、ゆっくりと舐めあげる…
































女「いやん!…はやくぅ!……」

































局部に触れると下着越しでもわかるくらい既にビチョビチョ……







































下着の隙間から直接舐めると、大きく上半身を仰け反らせて感じている….




































女「あぁーん!…ヤバい!…気持ちいぃ!……」



































さすが、シンガーだけあって声がでかい…






































女「あぁーん!…ダメ!!…イッちゃう!!………」


































女「あぁー!!……」

































絶叫とともに全身をヒクヒクと痙攣させながら絶頂を迎える……




































ふらつく彼女を支えながらベッドへ……
































下着を脱がし、一糸まとわぬカラダでお互いが絡み合う……

































女「欲しい……」

































僕「じゃあ…舐めて……」

































仰向けになった僕の上に跨り、お尻を大きく突き出しながら、僕の全身、そして局部を丁寧に、そしていやらしく舐めてくれる……







































女「…はやく……欲しい……」



































僕「じゃあ…そのまま跨って……」








































女「…うん………」







































騎乗位でイン…….





































女「あぁーん!…ヤバい!…おっきい…….」



































僕「痛くない?…大丈夫?……」































女「あんっ!…痛くない…気持ちいぃ!!…….」




































本能のままに、激しく腰を振ってくる……






























そのたびに彼女の大きな胸が激しく揺れる…….































女「ほんとヤバい!…あぁーん!!…….」

































絶頂とともに僕のカラダに倒れ込む…….































彼女を抱きしめながら下から腰を突き上げる…































女「あぁーん!…ヤバい!…あぁー!!…….」






























絶頂の痙攣とともに、少し涙を流している彼女……




































カラダを起こして対面座位で見つめ合う…































お互い抱きしめ合ってキスをしながら激しく腰を振る…….

































女「あぁーん!…気持ちいぃ!!…すごい!!…」



































最後は正常位で手を握り合いながら見つめ合い、激しく腰を振る……











































彼女の表情が何とも言えない恍惚の表情になっていく……






































女「あぁー!!…もうダメ!!…イクー!!……」



















































準即。
































行為後……































ぐったりとしている彼女のカラダを優しく撫でる…



































女「気持ちかった……」
























































アーティストという一見、特殊な仕事をしている彼女。




しかし、やはり普通の20代前半の女の子だった。




どうしても、人間は肩書きや職業で判断しがちなところがある。




モデル。CA。女子アナ……




しかし、ハダカになれば皆普通の人間であり、普通の女の子だ。




そして、一見華やかな世界にいる女性も、必ずしも「陽」の世界にいるとは限らない。




実は「陰」の世界の住人だったりすることもよくあること。




結局、本音で腹を割って話さなければ本当のことなど何もわからない。




人を見かけ、肩書き、職業で判断してはいけない。




















































朝になり、駅の改札まで2人で歩く…




































キンと冷えた、爽やかな朝の空気が心地良い…






























女「楽しかった!…ありがとう!……」




僕「こちらこそ!…」













































出会いは本当に奇跡……






































一つ一つの奇跡を、これからも大切にしていきたい……….














スポンサーサイト

コメント

フィルターをかけずに、女性を見る。1人の普通の女の子として接する。
また、いいこと教えてもらいました!

歌手だけあって声がでかい

なんかこのワードクソ笑ったwwww

中退までいい話なのに後半、官能小説でムラムラしました(笑)

さすが、シンガーだけあって声がでかい…
ここで笑いました。笑
ビブラートは効いてましたか?笑

あと講習の成果出ました!
本当に受けてよかったです!
ありがとうございます!

爽やかです!

兄者へ

別れ際の情景がすごく爽やかでした!^ ^

僕も最近素敵な出会いが増えて来ました。
離れていても、共に多くの軌跡を起こせるように頑張りましょうね^ ^

Re: ソンさん

これは本当にいつも心掛けてる。
職業に関わらずファッションとかも…

サシ飲み楽しみ!
いろいろ喋ろうね!

Re: たくぞうさん

なんかね…ホンマに声でかかったよ!笑

あのときの、声がでかい女の子……大好き!!笑

Re: トミーガンさん

どうしても僕はエロの方向に進んでしまう癖があります!笑
これはもう…どうしようもないです…笑

たくぞうに同じく!

声がでかい。で笑った!

あなたが出させたんやい!笑

Re: ステフォンさん

ビブラートはさすがに効いてなかったけど笑、ハスキーボイスの喘ぎ声がめっちゃエロかった!笑

ツイート見たよ!
この言葉を女の子に言ってもらうのは、ホンマ嬉しいよな!
俺も、報告聞いてめっちゃ嬉しかったで!!

Re: パシフィコさん

弟へ

別れ際は、できるだけ綺麗にするように、いつも心掛けてるよ!

パシフィコ君の素敵な出会いとか、弟子の話しとか、めっちゃ聞きたい!!

本当、活動する場所は違うけど、パシフィコ君のことは、いつも意識してるし、良い刺激になってるよ!

また会うのが楽しみ!!

Re: マィケンさん

うん……俺が出させた……笑

いやぁ…でかい喘ぎ声はホンマ好き!!笑

ハダカになれば普通の女の子ってマインドめっちゃいいっす!!
脳内にぶち込みました。

S○Xにフォーカスした記事にぼっきしました。笑

今日のオカズ悩んでたので助かりました(*´꒳`*)

Re: 勇次郎さん

ホンマにこのマインドは大切にしてる!!
ちゃんと「素」の部分を意識すると、コミュニケーションもより深くなる!

どんどん勃起してください!笑

Re: エルヴィンさん

エルヴィンさんのオカズになれて光栄です!!笑

忘年会ではご挨拶させていただきありがとうございました!^ ^
ブログ、読み込んでしまいました!
スト高ゲットしててうらやましいですwww

ほんまポンコツですけどまたよろしくおねがいします^ ^

官能小説顔負けのエロさです...。そこにはルーティンも何も必要なかったのくだり、僕好きです笑

Re: ごく〜さ。さん

コメントありがとうございます!

こちらこそ!忘年会ではどうもありがとうございました!

ごく〜さ。さんとは、同世代ですし、これからも宜しくお願いします!!

Re: マーティさん

コメントありがとうございます!

僕のブログは基本、エロいです。

感情が深く交わりあったときは、ルーティーンは必要ないです。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。