FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌の相性











何事においても「相性」というものはある。



特に人間関係においてはとても大切なもの……
































某日







仕事が終わり深夜のUへ。






最近は…….というかずっとだけれど、本当に仕事に費やす時間が多くなっている。


1日17時間労働。15連勤や、30日以上の連勤。


まぁ仕事があるのはありがたい話だけども、もう少しプライベートにも時間を使いたいところ。


こんな状況なので、あまりナンパに時間を使うことができていない。


だから「即る」と決めて出撃する日は、ナンパ師が集まるところを極力避けて、完ソロで集中してナンパをしている。


ナンパ仲間と飲んだり、喋ったりするのも大好きだけど。







深夜のUはMに比べるとかなり人が少ない。


特にソロで歩いている女性は本当に少ない。







そんななか、大通りを挟んで反対側の歩道にソロの女性を発見。


急いで信号を渡り、後ろから軽く追い越して、僕の存在を認識させてから声掛け。




僕「こんばんは!」


超シンプルな声掛け。


反応を見る。


僕「めっちゃ眠そうですね!笑」


女「もう眠いよ…笑」


オープン。







30代。OL。高身長。Eカップ。彼氏無し。







ここから、今マイブームの0円即へと持っていく。







ナンパだけが趣味では無いし、これからやりたいと思っていることにもお金を使いたいので、最近は極力お金を使わずに即ることを意識している。






まぁケチるのは嫌いなので、使うときはしっかり使うこともあるけれども。






並行トークで、まずは自己開示。






何故声を掛けたのか?自分は何者か?さっきまで何をしていたのか?これからどうしたいのか?





この辺りを開示し、笑いも入れつつ、反応を見る。



























ナンパとセックスは似ていると思う。









反応を見て、それに応じた適切な対応をとる。



それはナンパもセックスも同じ。






女の子はみんな反応は違うし、一人の女の子でも、その時々によって反応が変わってくる。





それに応じた適切な対応がいかにできるか?





それに応じた自分の引き出しをどれだけ持っているか?







その辺りがナンパやセックスの面白い部分だと思う。



























この女性からは、自己開示である程度の食い付きを感じた。



僕に対しての質問もばんばん飛んでくる。



「イケる」と確信。









ナンパを始めた当初はここから、ただただベッドへと一直線だったが、最近は女性をしっかりと見極めるようにしている。




というのは、僕には彼女もいるし、セフレもたくさんいる。




正直、女性にもセックスにも全く不自由していない。




じゃあ何故ナンパをしているのか?となるが、それはシンプルに女性が大好きだからだ。





しかし、女性なら誰でもいいという訳では無い。





見た目の好みも確かにあるが、一番は女性の「考え方」を重要視している。





この部分で「なんか違うな」と思うと、正直セックスしたくなくなる。













並行トークで自宅へと向かいながら、この辺りを見極める。






考え方がなんか好きになれないときは、バーで一杯だけ飲んで、トークでしっかり笑わせて、食い付きはしっかり下げて、セックスせずに放流する。








この女性は割と考え方も前向きで「いいな」と思ったので、そのまま直家打診。









了承される。
































自宅in…



















並行トークでしっかり和めてはいたが、まだ性的スイッチは入っていなかったので、自宅で飲みながら、性的スイッチを入れていく。












僕には彼女がいること。



セフレもたくさんいること。



彼女は、僕がナンパをしていることを知っていて、尚且つ理解してくれているからこそ、付き合っているということ。



セフレも、僕に彼女がいることを理解してくれていること。



今までセックスした女性とも後腐れ無く、うまく関係を築いてきたこと。



そして、あなたのことがとても素敵だと思ったから素直に抱きたいと思うこと。











この辺りを笑いも交えながら、絶対に「色」は使わずに伝えていく。

















































気がつくと、女性は僕の肩にカラダを預けてきていた……







































そのまま女性の肩を引き寄せてキス…


































彼女もしっかり舌を絡めてくる…

































ゆっくりと濃厚なキスを楽しむ…


































女「あん!…」



































自然と喘ぎ声が吐息と重なって漏れる…
















































そのままお姫様だっこでベッドに移動する…




































ゆっくりと濃厚なキスをし、耳、首筋、鎖骨と舐めていく…



































女「いやん…気持ちいぃ…」







































服の上からでもわかる、柔らかく大きな胸を揉んでいく…







































女「あぁ~ん!…ダメ!…気持ちいぃ…」







































丁寧に服を脱がしていく…















































ねっとりと全身をくまなく舐める…


































下着姿でうつ伏せにし、お尻を大きく突き出させる…











































女「いやん!…恥ずかしい……」




































背中を舐めあげ、局部を触ると下着の上からでもわかるくらいビチョビチョに濡れている…






































僕「凄いね…もうビチョビチョ……」


































女「いやん!…ダメ!…あぁ~ん……」




































下着を脱がせて仰向けに寝かせ、両脚を大きく広げて、むしゃぶりつくように局部を舐める…











































女「あぁ~ん!…ダメ!…ダメ!…イッちゃう!…あぁ~!!……」



















































全身を激しくヒクつかせながら果てる……










































それでも辞めない……










































女「あぁ~!…ダメ!…おかしくなる!!…ダメ~!!……」










































全身の痙攣が止まらない……


































局部に指を入れてGスポットを刺激する……






































女「あぁ~ん!…ダメ!…出ちゃう!出ちゃう!…あぁ~!!……」






































大量に潮吹き……









































あまりに凄かったので、そのままフラフラの彼女を浴室に連れて行き、立ったままの状態でGスポットを刺激する……









































女「あぁ~!……ダメ!……おかしくなる!!……あぁ~!!…イク~!!……」








































潮吹き絶頂……


































浴室の床全体に潮が飛び散りビチャビチャになる…










































女「もう欲しい……」


































僕「じゃあここで舐めて……」


































僕は立ったまま下を脱ぎ、がっつりと咥えてもらう…




































彼女は正座をし、一生懸命に僕の局部にむしゃぶりつく……









































ジュポジュポといやらしい音が浴室に響き渡る。








































女「欲しい……」


































僕「そんなに欲しいの……」










































女「うん……早くぅ~……」
















































僕「じゃあ…鏡の方に向かって立って、お尻突き出して……」













































立ちバックの姿勢で挿入……



































女「あぁ~ん!…ヤバイ!…気持ちいぃ……」




































最初はゆっくりと…徐々にピストンのスピードを上げていく……
































女「あぁ~!!…ダメ!ダメ!…あぁ~ん!!…」




































僕「ほら、ちゃんと鏡の方見て……」




































女「いやん!…恥ずかしい…あぁ~!!……」


































更にピストンのスピードを上げる……



































女「あぁ~!!…ダメ!ダメ!…イク~!!……」





































イクと同時に、そのまま彼女のカラダのチカラが完全に抜けてしまい、浴室の床にグッタリとへたりこむ……









































そのままお姫様だっこでベッドへと向かい、正常位で挿入…






































女「あぁ~!…気持ちいぃ!…凄い!……」




































見つめ合ってキスをしながら激しく求め合う……





































女「あぁ~!…またイッちゃう!…あぁ~!!…」








































何度も何度もイキまくる……




















































女「もうダメ!…もうダメ!!…あぁ~!!!……」

















































即。







































行為後…







































まったりと絡み合いながら、ピロートーク……









































女「めっちゃ凄かった……」




僕「何が?……」




女「エッチ!笑……」




僕「そう?笑……他の男がどんなエッチしてるのか、わからんから何とも言えんけど…笑……」




女「やっぱり相性ってあると思う……」




僕「そうなんや……」




女「ダメな人は全然ダメ……肌が合わない……」




僕「なるほどね……」




女「どんなに素敵なデートとかしても…エッチが気持ちよくなかったら………無理……笑……」















































確かに相性は大事だと思う。



何をするにおいても。





ただ、僕はセックスの相性に関して言うと、ある程度、女性に合わせていくのが男性の役割かなと思っている。




最初から相性バッチリ!だったらベストだけど、なかなかそうはいかない。




そこで、しっかりと目の前の女性と向き合い、反応を見て、その反応にどう対応すると、次はどう反応するのか?
そこをしっかりと見極めていけば、徐々に相手の女性の性的な波長が見えてくる。




そうすることで「セックスの相性」は女性に合わせていける。




やっぱり、この女性も言うように、男女関係において、セックスはとても重要だ。




















































結局3回ヤった……
































軽くシャワーを浴びて、玄関先でお別れ……






























女「またセックスしたい!笑……」



僕「そやね!笑……」



女「ついてきてよかった!笑……ありがとう!……」



僕「こちらこそ!!……」


































ナンパして、セックスして、感謝される……




































ナンパ師冥利に尽きる瞬間だった……








スポンサーサイト

コメント

ちょ!三回て!元気かて!
久々にマィケンのマィケンが…
俺も感謝されるぞー♪(´ε` )

Re: マィケンさん

3回は余裕やろ!笑

マィケンのネトナン講習&マィケン流おせっせ講習はよ!!

初コメントさせて頂きます!
この界隈ではセック○に焦点あたりがちですけど、何においても相性は大事だし、人を思いやることは必須のスキルですよね。
こと、セッ○スにおいては実践の中で確実に成長していかないと単なるマシーンになっちゃいますね。。
またこれからもブログ楽しみにしてます!

Re: 北島さん

初コメントありがとうございます。

いつも北島さんのツイートを見て共感、勉強させて頂いております。

「思いやり」大事ですよね。

これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。